新着情報

エコプロダクツ2012 出展のお知らせ

山陽製紙は企業から排出される紙類を商品に変えてお返しするサービスKAMIDECO(カミデコ)をエコプロダクツ2012に出展いたします。

キャプチャ

エコプロダクツ2012は東京ビッグサイトにて12月13日から15日まで開催されます。

 

KAMIDECO(カミデコ)について

KAMIDECO(カミデコ)は読んで字の通り「紙でエコ」する山陽製紙のブランド名です。

 

 

KAMIDECO(カミデコ)では、企業から出るオフィス古紙や廃棄物を商品に変えてお返しする取り組みをしています。自社で排出する紙類や廃棄物が、自社で使う封筒や社用箋、コピー用紙になって返ってくる、そんなクローズドループの輪を作りませんか。

 

また、食品の加工工程で排出される“製造副産物”を炭にして、紙に練り込んだ“炭再生紙”も創っています。炭を紙にすることで、炭の機能である消臭効果、調湿効果を持った紙ができます。製造副産物が消臭機能を持った機能紙に生まれ変わる、そんな資源活用方法を一緒に考えませんか。

 

これまでも色々なお客様と共にKAMI創り(紙創り)をしてきました。

(KAMIとは“K:健康”で“A:安心安全”“M:魅力的な”“I:命が生き生きする紙”のことです)

 

原爆記念公園に捧げられた折鶴を永い眠りを解いてハガキや名刺に再生したり、食品残渣の再利用を考える缶詰工場のお客様と一緒に商品企画をしたり。缶詰をつくる過程で出るみかんの皮を紙に抄き込んだときは、工場中がオレンジジュースの香りがしました。出来上がったのは優しいクリーム色の包装紙です。

 

特に事業系の紙ゴミは分別が遅れています。オフィス古紙を焼却処分場に持ち込むことを禁止する自治体も増えてきました。再利用することで紙ゴミを減らすだけでなく、例えば機密文書も、自社のステーショナリーに変えて再利用すれば一層安心。そんな様々な提案を展示します。

 

 

展示会│2012年11月15日 1:22 PM

山陽製紙の50年史 創立50周年を記念して制作した社史

山陽製紙社史「創意工夫の心」
 山陽製紙社史
「創意工夫の心」
 (PDF形式6.3MB)
社史ダウンロード
会社案内PDFはこちら
(PDF形式2.8MB)