オーダーメイド

「こんな紙はできないか」にお応えするオーダーメイドの紙

使用済みの酒パックを回収、リサイクルした再生紙で紙袋を作成。

紙は切ったり、貼ったり、折ったりして自由に形を変えることができます。だから、用途も様々に広がります。
紙に書いて思いを伝えたり、大切なことを記録したり、ある時は大切なものを包んで保護したり、紙には様々な機能があります。
私たちはお客様からよく、「こんな素材があるのだけれど、それを紙に抄きこんで機能紙をつくれないか」とか「こんな用途に使う紙を考えているのだけれど、もう少しここが何とかならないか」とか「こんなノベルティをオリジナルでつくりたい」などご相談を頂きます。
私たちの技術で、そんなお客様の望みをかなえることができたら!それが私たちの喜びです。だから、製紙メーカーだけれど最終商品にまで仕上げてお届けすることにも挑戦しています。
「こんな紙はできないか」そんなご相談をいつもお待ちしています。

オーダーメイドの紙が生まれるまで

オーダーメイドを取り入れた企業様の実例

左:オリックス不動産 山本かおる様 右:山陽製紙株式会社 原田千秋

オリックス不動産様

展開するマンション事業の「OSACASA(オーサカーサ)」において、住民の方々の「心のよりどころとなるような豊かなコミュニティをつくりたい」という想いから、住民が出す紙パックを回収し、ノートやメモ帳、レターセットにして住民にお返しするという取り組みを支援いたしました。

左:オリックス不動産 山本かおる様
右:山陽製紙株式会社 原田千秋

  1. 紙パックを回収
    紙パックを回収
  2. 製紙化
    製紙化
  3. 商品化
    商品化
  4. 再配布
    再配布

こんな紙はできないかというお客様へ

Sumideco Paper
Sumideco Paper
排出物を炭化し、紙に抄きこむことで
消臭機能などを持たせる機能紙です。
KAMIWAZA工房
KAMIWAZA工房
資源を紙に抄きこんで、再び企業へ
お返しする技術を日々研究しています。