山陽製紙の強み

山陽製紙 環境/CSR推進

環境/CSR推進

山陽製紙は創業来50年に渡り紙と共に歩んできた再生紙のスペシャリスト集団です。地球環境においてリサイクルへの要請はますます高く、広くなるばかりです。環境のみならず、様々な社会的な課題に真摯に向き合い、自社の特徴を活かしながら解決のために挑戦する企業のお役に立ちたいと考えています。

Sumideco Paperページへ

山陽製紙 小ロット生産

小ロット生産

一般的に製紙メーカーが紙を作るときのロットはトン単位になります。「オリジナルのこんな紙を作ってほしい。けれども、何トンもの紙ができても困る。」というお客様が多いのではないでしょうか。小さな製紙メーカーだからこそできる小ロットでの製紙。600Kgからお引き受けします。先にKAMIWAZA工房で手漉きの試作品を作ったものを見て頂くので安心です。

オーダーメイド

アップサイクル

アップサイクル

今までの再生紙はリサイクルが主眼とされ、再生できれば良いという風潮がありました。しかし、日々進化する市場のニーズに従って再生紙の形も変化しています。「デザイン」「機能」「用途」などを組み合わせ新たなリサイクルニーズを生み出す企画発想、商品開発力は次世代のキーワードです。
※アップサイクルとは、元の素材や製品よりも高い次元・価値のあるものを生み出すことです。

Sumideco Paperページへ
「KAMIDECO」WEBサイトへ

山陽製紙 研究開発力

研究開発力

「この廃棄物をどうにか利用できないか?」「こんな紙はできないか?」というお客さまのニーズにお応えするために、各種専門機器を備えた研究開発室「KAMIWAZA工房」を運営しております。紙を知り尽くした研究員が、日々研究を重ねロハスな紙を創り続けています。ぜひお客さまの「こんな紙はできるかな?」をお聞かせください。

KAMIWAZA工房ページへ