製品紹介製品一覧に戻る

Sumideco Paper(梅炭クレープ紙)

環境に配慮したロハスな紙

和歌山県みなべ町で収穫された梅の種(廃棄物)を炭化させ、「パルプ・炭・水」で製造した、地球に優しい100%リサイクルした紙です。(ロハスな紙)

ロハスな紙とは…

「ロハス」とは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityという英語の略。
『健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイル』という意味です。
「安価」「効率化」という従来型の選択基準とは異なり、「それは自分や他人のカラダに悪い影響を与えないものか?」「それは地球環境にとってマイナスにならないものか?」を前提に、消費や行動を選択していくライフスタイルです。この紙は、そんなロハス的な発想のもと創られております。

特徴

高機能

炭の機能を損なうことなく紙に混ぜることにより消臭、環境ホルモンの吸着、調湿、抗菌等の効果がございます。

高品質

山陽製紙の抄き込み技術を利用した場合、紙へ抄き込む工程での炭の歩留まりがよく、低コストで高い効果が期待できます。

梅炭クレープ紙
Sumideco Paperについて詳しくはこちら

空孔が多くあることで吸着率が上がり『消臭』『脱臭』『調湿』効果に大変優れている梅炭。ホルムアルデヒドやアンモニアを使った実験結果や、開発に至るまでの経緯をご紹介します。