Sumideco Paper(スミデコペーパー)

炭化させた種などを紙に抄き込み、炭が持つ優れた機能を生かした紙

Sumideco Paperの商品

食品加工の工程において排出される梅の種やビールの大麦粕、コーヒー粕などの製造副産物。弊社ではこれらの製造副産物を炭として再資源化し、独自の技術で紙へ抄き込んだ「Sumideco Paper」を開発。様々な分野でご活用頂いております。

※Sumideco Paper:炭でエコする再生紙

炭の持つ優れた機能
脱臭・消臭効果
防カビ・抗菌効果
除湿・調湿効果
青果鮮度保持効果
VOC・ホルモアルデヒド吸着効果
(※エチレンガス吸着効果による)

Sumideco Paperとは

Sumideco Paperとは

炭(Sumi)でエコ(deco)する「Sumideco Paper」は、「廃棄物」を炭化して再生紙に抄きこんだ、「炭の機能」を持った紙です。
最初は「梅の種」を炭化した「梅炭(うめずみ)」を紙に抄きこむことから始まりました。
日本古来の健康食品として名をはせている『梅』。我が社はそのブランドである「南高梅」の産地のほど近くにあります。美味しい「南高梅」は、世界中の人に愛されていますが、一方で、加工業者から出る梅の種が産業廃棄物としてその処分が問題となっていました。そこでその種を「炭」にして、次に用途を広げるために紙の中に抄きこめないかと依頼がありました。弊社は独自の製法で、梅の種の「炭」を紙の中に抄き込み、「炭」の機能を持った紙に生まれ変わらせました。
この製法を使って、その後もビール粕やコーヒー粕を炭化したものを紙に抄きこんで、「炭」の機能を持った紙をつくるようになりました。これが「Sumideco Paper」です。

エコノベルティの採用事例はこちら
Sumideco Paperの可能性

Sumideco Paperの可能性

炭を紙に抄き込むことで、炭が持つ優れた機能を紙にも持たせることができます。
代表的なものでは脱臭機能や調湿機能といったものがありますが
単なる炭ではなく紙の特性を活かして様々な形状に加工することができ、
アイデア次第であらゆる商品を作ることができます。
パリでのファッション展示会「TEX WORLD」やベルギーでの「マテリオ」などの展示会に出展し、デザイナーやバイヤーから好評を得ています。

梅炭の効能

梅炭の効能

梅炭は、空孔の大きさが備長炭よりも小さくて数が多いことが和歌山大学との研究により実証されました。空孔が多くあることで吸着率が上がり、『消臭』『脱臭』『調湿』効果に大変優れております。
またガスを吸着したり、カビを防ぐ効果もあります。

消臭試験結果

※大阪府立産業技術総合研究所にて自社測定

試験項目試験項目及び条件
消臭性検知管法(酢酸)
検知管法(ホルムアルデヒド)
検知管法(アンモニア)
試料の大きさ5cm×5cm
試験容器5リットルテドラーバッグ
容器内のガス量4リットル
ガスの初期濃度酢酸 22.5ppm
ホルムアルデヒド 14.4ppm
アンモニア 24ppm
ガス測定方法検知管
試験室湿度20℃
酢酸吸着テスト
酢酸吸着テスト
ホルムアルデヒド吸着テスト
ホルムアルデヒド吸着テスト
アンモニア吸着テスト
アンモニア吸着テスト
イソ吉ソウ酸ガス除去性能評価試験
靴の嫌なニオイの元である『イソ吉ソウ酸』を99%取ってくれます!

PDFダウンロードPDF

 
 
ノネナール吸着試験(加齢臭)
加齢臭のもととなる、ノネナールも吸着します。

PDFダウンロードPDF

山陽製紙の炭を紙に抄き込む技術

山陽製紙の炭を紙に抄き込む技術

山陽製紙のSumideco Paperは製造副産物の炭と古紙で製造されています。
通常は糊や樹脂(塗布剤)を使って素材(炭)を固定しますが
山陽製紙の抄き込み技術なら糊や樹脂を使わずに素材(炭)を固定することができます。

このため、通常の抄き込みに比べ素材(炭)の残存率が相対的に高くなり(当社比)
高機能な紙を作ることが可能になります。
また、紙へ抄き込む工程での炭の歩留まりがよく、低コストで高い効果が期待できます。

Sumideco Paper開発のきっかけ

Sumideco Paper開発のきっかけ

  1. 産業廃棄物
    産業廃棄物
  2. 炭の粉末に焼成
    炭の粉末に焼成
  3. 100%再生紙に抄き込む
    100%再生紙に抄き込む
  4. 「Sumideco Paper」完成
    「Sumideco Paper」完成

自社の廃棄物活用について、お悩みのお客様へ

オーダーメイド
オーダーメイド
企業からの排出ゴミを紙資源に再生・商品化し、
また企業に戻す取り組みです。
KAMIWAZA工房
KAMIWAZA工房
資源を紙に抄きこんで、再び企業へ
お返しする技術を日々研究しています。