• ホーム
  • お知らせ
  • 省エネ・省資源から環境教育、新事業まで、1年間の環境活動を紹介します!

省エネ・省資源から環境教育、新事業まで、1年間の環境活動を紹介します!

カテゴリー: お知らせ , プレスリリース , CSR情報 2018.12.04

山陽製紙で2017年10月から2018年9月までの環境経営活動をまとめた「61期環境経営レポート」を発行し、HPにて公表しました。経営理念である「環境に配慮した循環型社会への貢献」をめざし、二酸化炭素排出量の削減や節水などの省エネルギー・省資源の取り組みのほか、若手社員と地元小学生の交流と双方向の成長を願うキャリア教育「ドリカムスクール」や、不用コピー用紙を資源に変える「PELP!(ペルプ)」など、当社の1年間の環境活動を紹介しています。

 

当社は設立50周年を機に経営理念を刷新し、「循環型社会への貢献」を掲げました。製紙業は1トンの紙を作るのに、100トンの水を使用し、抄紙機の運転のために、電力も大量に使います。自然の恩恵を受けて成り立つ製紙業だからこそ、自然を守り、後世に残す事が使命だと考え、12年前から環境活動「エコアクション21」に取り組んでいます、昨年度は大きな取組みとして、大手電力会社の使用をやめ、長野県の水芭蕉水力発電所の自然エネルギー(FIT)に切り替えました。

詳細は、下記リンクをクリック↓↓

第61期環境経営レポート

https://www.sanyo-paper.co.jp/images/pdf/activity_2018_report.pdf?1128

1812環境経営レポートリリース