現在山陽製紙では工業用クレープ紙の生産、オーダーメイド紙の受注生産・オフィス古紙のアップサイクルサービス・自社ブランド紙の生産の4つの事業を展開しています。

工業用クレープ紙の製造

  • 工業用クレープ紙の製造風景
  • 工業用クレープ紙の製造風景
  • 工業用クレープ紙

クレープ紙とは、紙に刃を充てることでシワをつけ、強度と伸縮性を付加したものです。紙を抄きながらシワをつける一次クレープ紙と、紙を作ってから、後工程でシワをつける二次クレープがあり、弊社では前者の一次クレープ紙を製造しています。
弊社が生産する工業用クレープ紙には主に「製袋用」「包装用」「層間紙用」「引越用梱包資材」の4つがあります。中でも設立以来60年生産が続く「製袋用」の口縫い部分に使用されるクレープ紙は、国内シェアの90%を占めるロングセラー商品です。

「PELP!」(オフィス古紙再生サービス)

  • pelp製品事例
  • pelp製品事例
  • pelp製品事例

不用なコピー用紙を専用回収袋「PELP!  BAG」に入れ、山陽製紙に送ることで、今まで捨てられていた紙が、再生紙として生まれ変わります(PELP!  PAPER)。PELP!会員は紙を送付量に関わらず、その100%再生紙を使って封筒や名刺などの「PELP!  PRODUCT」を作ることができます。山陽製紙は、FSC CoC認証を取得したため、PELP!会員になると、自らFSC認証紙を作り、使うことができるようになりました。資源としてまだ使える紙が捨てられているのを何とかしたいという思いから生まれた「PELP!」。送った紙の総量や森林伐採削減量などの環境貢献指数が一目で分かるシステム、カミトレの閲覧や、環境活動にも貢献できます(1%FTP)。自社のCSR やSDGsにも活用できる、手軽なアップサイクルサービスです。

オーダーメイド紙の製造

  • オーダーメイド紙 事例
  • オーダーメイド紙 事例
  • オーダーメイド紙 事例

当社の得意とする古紙再生の技術を生かした、オーダーメイド紙の開発・製造を承っております。小さな製紙メーカーだからこそできる小ロット生産、また、環境や機械に負担がない限りご希望に沿った原料を抄きこむことができます。近年ではサスティナブル、ゼロ・ウェイストといった取り組みを行う企業様より製造の過程で出る廃棄物などを抄きこんだ紙をつくり、製造の過程で出る廃棄物などを抄きこんだ紙をつくり、新たな価値を持った会社のPRツールにできないかとご相談を頂く機会が多くなって参りました。製紙メーカーだけれど最終商品にまで仕上げてお届けすることにも挑戦しています。お客様からの「こんな紙はできないか…?」そんなご相談をいつもお待ちしています。

自社ブランド製品の企画販売

  • crep
  • crep
  • SUMIDECO

今までの再生紙はリサイクルが主眼とされ、再生できれば良いという風潮がありました。しかし、日々進化する市場のニーズに従って再生紙の形も変化しています。
「デザイン」「機能」「用途」などを組み合わせ新たな価値を生み出す企画発想、商品開発に日々取り組んでいます。※アップサイクルとは、元の素材や製品よりも高い次元・価値のあるものを生み出すことです。