• ホーム
  • サスティナビリティへの取り組み

サスティナビリティへの取組み

企業活動(工場の稼働、製品開発)における二酸化炭素の削減や環境負荷の低減への取り組みはもちろんのこと、社内外のESD(持続可能な開発のための教育)を通して知識や価値観、積極的に行動を起こすことのできる人材の育成に努めています。

  • サステナビリティの実績
  • サステナビリティの実績

これまでの歩み

2007年
経営理念の刷新「循環型社会に貢献する製紙会社を目指す」
2008年
エコアクション21認証取得
2011年
地域創造ファンド「デザインプロデュース型商品開発促進事業」でtoC市場開拓へ
2012年
KAMIDECO(紙でエコする)プロジェクトの活動開始。
2015年
SUMIDECOクラウドファンディング及び1%FTPへの参加
2016年
SANYOギャラリーオープン
2017年
水芭蕉発電所の使用開始(7月)
2018年
高度排水処理設備稼働(2月)
2018年
KAMIDECO⇒PELP!リブランディング
2019年
再エネ100宣言RE Action参加
2020年
FSC ® CoC認証取得
2022年
中小企業向けSBT認定取得

今後の取り組み

PELP!モデルオフィスづくり~SDGsの取り組み~
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標。「誰一人取り残さない」社会の実現を目指す。
2050年カーボン・ニュートラルを目指す。

活動報告

関連資料

地域への貢献・国際的な取り組み

1% for the Planet

「1% for the Planet(1%フォー・ザ・プラネット)」は、自然環境保護の必要性を理解する企業の同盟です。米パタゴニア社が提唱、実践を続け、現在は世界48カ国・1,200以上の企業が加盟し、3,300以上の非営利団体に合計3億5000万ドルを超える寄付がなされ、地球の保全を守るために還元されました。山陽製紙株式会社はこのメンバーに加盟し、「PELP!(ペルプ)プロジェクト」を通じて生じた売り上げの1%を、自然保護活動を行う団体に寄付いたします。

1% for the Planet

FSC ® 森林認証

FSC ® 森林認証

森林認証制度とは、適正に管理された森林から産出した木材などに認証マークを付けることによって、持続可能な森林の利用と保護を図ろうとする制度です。「PELP!」や「オーダーメイド」の商品には、FSC ラベルを付けることが可能です。
※山陽製紙はFSC認証を取得しています。(FSC®C157238)

コラム